The Archives Detail

  • LEATHER LABEL

    最初期にはカウボーイのイラスト等の情報を記載したが、以降ブランドロゴの刻印のみとなる。ヘア・オン・ハイドから表革への素材変化やロゴの変化も特徴。

  • BACK POCKET STITCH

    緩やかな波形のステッチデザインから大戦モデルを前後してなだらかにSの字を描くレイジーSステッチへと変遷していく。

  • WOVEN LABEL

    1936年モデルを前後して採用された赤タグと呼ばれるヴィンテージ・ディテール。時代と共にロゴの形状が変化していくのが分かる。

  • TAB

    現在のリー・ジーンズの特徴のひとつとなるタブは50年代からのディテール。X形のスレッドリベットはカウボーイの大切な鞍を傷つけないよう考案された。

  • TOP BUTTON

    S字ワイヤーで留めたドーナツボタンからカバードボタンへと進化する。刻印はユニオンオールズ、ユニオンメイド、カウボーイ、ライダースでの変遷が基本となる。

  • FLY BUTTON

    フライフロントのフライボタンは50年代までは無印のものが多く使われ、ジッパーの普及と時を同じくしてリーの刻印ボタンが採用され始めた。

  • RIVET

    リベットは鞍等を傷つけないように一貫して凹凸の少ないものが使用されている。既製品の使用を余儀なくされた大戦モデルだけが例外として存在。

  • SELVAGE

    初期モデルはセルビッジ付き生地を巻き縫いで縫製しているため、外見には見えない。以降は基本的にオープンシーム縫製。生地幅の進化と共に、片耳のモデルも登場する。

  • RULER POCKET/
    HAMMER LOOP

1940s
11-W PAINTER
PANTS

  • PAPER LABEL
  • WOVEN LABEL
  • TOP BUTTON
  • BUTTON FLY
  • RULER POCKET

WWII 101
COWBOY PANTS
1943 model

  • LEATHER LABEL
  • BACK POCKET STETCH
  • WOVEN LABEL
  • TAB
  • TOP BUTTON
  • BUTTON FLY
  • RIVET
  • SELVAGE

Lee 101B
1944 model

  • LEATHER LABEL
  • BACK POCKET STETCH
  • WOVEN LABEL
  • TAB
  • TOP BUTTON
  • BUTTON FLY
  • RIVET
  • SELVAGE

1945y
101B
Lee RIDERS

  • LEATHER LABEL
  • BACK POCKET STETCH
  • WOVEN LABEL
  • TAB
  • TOP BUTTON
  • BUTTON FLY
  • RIVET
  • SELVAGE

1948y
101B
LeeRIDERS

  • LEATHER LABEL
  • BACK POCKET STETCH
  • WOVEN LABEL
  • TAB
  • TOP BUTTON
  • BUTTON FLY
  • RIVET
  • SELVAGE

1950s
11-W PAINTER
PANTS

  • PAPER LABEL
  • WOVEN LABEL
  • TOP BUTTON
  • BUTTON FLY
  • HAMMER LOOP

RIDERS 101
50S Modelnew

  • LEATHER LABEL
  • BACK POCKET STETCH
  • WOVEN LABEL
  • TAB
  • TOP BUTTON
  • FLY BUTTON
  • RIVET
  • SELVAGE

RIDERS 101-Z
50s Model

  • LEATHER LABEL
  • BACK POCKET STETCH
  • WOVEN LABEL
  • TAB
  • TOP BUTTON
  • FLY BUTTON
  • RIVET
  • SELVAGE

1952y
101Z
Lee RIDERS

  • LEATHER LABEL
  • BACK POCKET STETCH
  • WOVEN LABEL
  • TAB
  • TOP BUTTON
  • ZIP FLY
  • RIVET
  • SELVAGE