閉じる

Lee MOVE YOUR LEE 130YEARS BuddyLee x 7BRANDS

話題の7ブランドとのコラボレーションで誕生した、スペシャルなバディ・リーの展覧会を実施いたします。
企画に参加しているのは、N.HOOLYWOOD、NEIGHBORHOOD、WIND AND SEA、READYMADE、FDMTL、GrowthRing & Supply、MADNESS の7ブランドです。

各ブランドが、バディ・リーに合った、スペシャルな衣装をデザインしてくれています。

※バディ・リーは販売いたしません。

BuddyLee

Leeのオーバーオールを着た初代のバディ・リーが誕生したのは1920年で、ミネソタ州ミネアポリスのニコレット アベニューにあるデイトン・カンパニーというデパートのショーウィンドウに宣伝用マスコットとして展示されていました。バディ・リーは急速に世間の注目を集め、1920年代から60年代にかけて入手困難に陥る程の大成功を収めた、コレクターズ アイテムとなりました。

N.HOOLYWOOD

写真 01
写真 02
写真 03
写真 04

日本とアメリカの文化を組み合わせ、レトロなメンズウェアのデザインを創り出すN.HOOLYWOODは、ヴィンテージスタイルを織り交ぜ、反逆的なモダン性を打ち出しています。
この特別企画で尾花氏は、ステッカーと接着剤と黒テープとの合わせ技で、楽しさ溢れるワークウエア感を生み出しました。このアイデアは、尾花氏が自身の古いズボンとオーバーオールにテープを飾り貼りしたところ、社員に褒められた経験から思い浮かんだそうです。

NEIGHBORHOOD

写真 01
写真 02
写真 03
写真 04

滝沢伸介氏が1994年に立ち上げたNEIGHBORHOODは、アウトドア、バイカー、ミリタリーといったスタイルを再定義し、そうした要素を日常の衣類に取り入れるというコンセプトを掲げています。
同ブランドとのコラボレーションでは、バディ・リーが武術家のような出で立ちとなりました。チャイナジャケットも、カンフーキャップもヌンチャクも全てデニム生地で作られています。香港のカンフー映画にインスピレーションを受けています。
滝沢氏の願いは、クラシックながらもシンプルな中国式コスチュームを、トレンド感あるものに変化させることでした。自分のお気に入りのヌンチャクをデニム生地で再現することには取り分けこだわったとのことです。

WIND AND SEA

写真 01
写真 02
写真 03
写真 04

熊谷隆志氏が、2015年に設立したストリート系ファッションブランドで、世界中の様々なファッションブランドと定期的にコラボしています。熊谷氏のデザインは、大胆なインディゴ使いに遊び心が窺えます。
前後の身頃に大きなブラックのロゴをあしらったネイビーのパーカーに、デニム製のショートパンツとキャップを合わせています。このスタイルのアクセントとなっているのがLeeのイエローバンダナで、センスアップに一役買っています。

READYMADE

写真 01
写真 02
写真 03
写真 04

ヴィンテージの軍用品を仕立て直し、モダンな感性が光るバッグや服を作ることでその名が知られた日本のアップサイクルブランドです。
米陸軍のヴィンテージ生地で仕上げたカエルのFROG MANのぬいぐるみが有名で、ファッショニスタたちの間では今もなお流行中の極めて人気の高いアイテムです。
バディ・リーの衣装をデザインして欲しいとのオファーが細川雄太氏のもとに届いた時、自身の代表作である、ミリタリー グリーンのFROG MANのぬいぐるみをつなぎ服にアレンジする案が閃いたそうです。バディ・リーの愛くるしい容貌がFROG MANとよく似ていたから、とのことでした。

FDMTL

写真 01
写真 02
写真 03
写真 04

津吉学氏が立ち上げた日本発の世界的ブランドです。FDMTLのデザインは50年以上もの間、コンセプトからクリエーションに至るまで、インディゴとフェード色に並び、パッチワークを主役に据え続けており、クラシックなスタイルの中に生まれるコントラストが目を引くデザインとなっています。
今回のコラボ企画では、FDMTLがデニムを扱ってきた経験を活かし、バディ・リーのコーディネートをしてくれました。ダークなボトムスに古着感のあるジャケットを合わせ、キャスケットを被らせていますが、このキャスケットが他のアイテムを邪魔することなく、最高のコントラストを生み出しています。

GrowthRing & Supply

写真 01
写真 02
写真 03
写真 04

GrowthRing & Supply(GRS)は、香港のブランドで、生地使いによるディテールに注目し、東洋と西洋の文化を絡め合わせているブランドです。
GRSがバディ・リーにデザインしてくれたのは、同ブランドの有名アイテムであるスカジャンです。裏地には、カンザスのLee社の図柄とLeeの130周年記念バッジもあしらわれています。人目を引きつけるマウンテンハットとLeeの象徴的なジーンズを合わせて、パーフェクトなスタイルに仕上げています。

MADNESS

写真 01
写真 02
写真 03
写真 04

MADNESSは香港俳優のショーン・ユー氏が設立したアパレル ブランドで、首尾一貫した細やかでミニマルなデザインを、高品質な素材使いによって実現するアプローチを取っています。
今回のコラボによるMADNESSのデザインは、Leeのクラシックなデニム生地を使用したアンティーク調のダンガリーズとなっており、特徴的なオープントップのジーンズボタンと幅広のサスペンダーがあしらわれています。フロントとサイドのポケットが際立っており、バディ・リーの全体的な印象をシックに仕上げています。

Lee 130周年ポップアップストア及び展覧会

10月19日(土)より、全国のLee直営 5店舗で開催
Lee 原宿店・エスパル仙台店・ルミネエスト新宿店・名古屋店・大阪店

SHOP LIST