閉じる

Lee 130TH ANNIVERSARY

Lee “130years celebration”

1889年、実業家だったヘンリー・ディビット・リー氏がアメリカのカンザス州にて、食品と生活雑貨の卸商“H・D Lee Mercantile Company”を設立したところからLeeブランドの歴史は幕を開ける。ウエアの製造を始めるきっかけになったのは商品の納期遅れなどでワークウエアが品薄になっていたこと。1911年には取扱い商材のひとつであったダンガリーズやオーバーオールの本格的な自社製造を始め、リーカンパニー初のワークウエアと言われるビブ・オーバーオール、ジーンズ、ジャケットが誕生。そのクオリティは高い評価を受けることとなり、1913年に開発したカバーオールとダンガリーを縫い合わせた車整備用の作業着”Lee Union All”はアメリカ陸軍のオフィシャル・ユニフォームに採用された。 その後、1920年代にはカウボーイパンツ”Lee COWBOY”を売り出し、ワークウェアからウェスタンスタイルの定番ブランドとしての地位を確立。1944年にはシリーズ名を“Lee RIDERS”に変更、名実共にカウボーイ・ ファッションのリーディングカンパニーとなる。1950年代に入ると”101”ジーンズを中心にファッションアイコンとして都会のアウトサイダー達から注目を集める存在に。1960年代に入ると、白いコットンサテン地を使った”ウェスターナー”がホワイトジーンズの先駆けとなりアイビーブームの火付け役となった。1976年、アメリカ建国200年祭にともない、“Lee”製品が初めて日本に紹介され、その後、様々なモデルが日本企業によって復刻されている。そして2019年、当時は技術的に作れなかったモデルを現代の技術で完成させた、130TH ANNIVERSARY MODELをラインナップ。 130年の歴史と伝統を守りつつ、常に革新者として新たな軌跡をジーンズ史に刻み続けている。

event


10月19日より、Lee 原宿店にて、話題のブランドとコラボレートしたBuddy Leeが公開されます。
同時にLee 130TH ANNIVERSARYモデルも発売されます。

COLLABORATION with seven fashion brands

バディ・リーと7つのブランドがコラボレーション
選ばれた7つのブランドとLeeのシンボルでもある、マスコットの「バデイ・リー」がコラボレーションしました。
企画に参加しているのは、READYMADE、NEIGHBORHOOD、N.HOOLYWOOD、MADNESS、
GrowthRing & Supply、WIND AND SEA、FDMTLの7ブランドです。
各ブランドのスタイルで、バディ・リーをコーディネートしています。

【 バデイ・リー 】
Leeのオーバーオールを着た初代のバディ・リーが誕生したのは1920年で、ミネソタ州ミネアポリスのニコレット アベニューにあるデイトン・カンパニーという
デパートのショーウィンドウに宣伝用マスコットとして展示されていました。
バディ・リーは急速に世間の注目を集め、1920年代から60年代にかけて入手困難に陥るほどの大成功を収めたコレクターズ アイテムとなりました。

Buddy Lee x 7 BRANDS

products

デニムジャケットの歴史的マスターピースであるLeeの101-LJ。その名作に現代的な機能性を付加し、130thアニバーサリーモデルとしてリバイバル。
パンツは1946年の発売時からLeeの代名詞とも言われる101-Zから通称「センター黒タグ」と呼ばれる1954年のものをリバイバル。どちらも素材には、透湿・耐水・防風性を持つメンブレンをデニムとフィルムの間に挟みこんだ3層構造のLeeオリジナル素材STORM RIDER TEXを採用した。

130周年限定の証
オリジナルタグが付属

上質なコーデュロイ生地を使用した内襟から覗くのは、装いも新たな2枚のタグ。「STORM RIDER」と「130周年」、両方とも当モデル限定の証としてオリジナルデザインで作られている。

天候により使い分けできる
2WAY仕様のフロント

前立ては止水ジップとシルバーのオリジナル刻印ボタンによるダブルフライ仕様。悪天候時の着用にも耐えうる防水性の実現で着用シーンも広がる。

浸水を完全にカットする
ジャケット裏の防水処理

ジャケット裏面の縫い代部分に防水テープを配することで、ステッチ穴からの浸水もシャットアウト。機能素材の効果を最大限引き出す仕上げに。

オリジナルを彷彿とさせる
インサレーションライナー

このジャケット最大の特徴でもある「ALASKAN LINING」は、「AIR FLAKE」と呼ばれる軽量中綿を封入したライナージャケットで再現。リバーシブルかつデタッチャブルな仕様により、シーズンに合わせた着用が可能。(ライナージャケットは別売)

フロントの意匠ジッパーを
機能性ジッパーへアップデート

フロント部分には止水ファスナーを使い、前開き部分はマチをつけることで防水性能を最大限高めた。

止水テープによる
ステッチ保護で強度アップ

ジャケットと同じく、インナー面は止水テープで完全防水化。防水効果の他、ステッチ部分の強度アップにも一役。

「蒸気機関車=Locomotive」を冠するLOCOシリーズ。鉄道員向けに1921年より展開しているLee WORK WEARの中でもアイコニックなワークジャケット91-Jと、カーペンターをはじめとするワーカー向けパンツとして登場した11-Wに、現代技術を融合し特別モデルへと昇華。11.5オンスながら13オンスデニム同等の強度を持つとされるJelt Denimと東レ社のプロミランエアーを採用した中空構造による、軽量性と強度性のあるナイロン糸を使用し、さらに強度性を向上している。

立体感のあるマチ付きポケットで
特徴あるシルエットに

少し傾斜させた胸ポケットはリベットをあしらったスナップボタン付き。時刻表も収まりそうな容量のあるマチポケットなど細部へのこだわりもひとしお。ロコジャケットとして面目躍如の仕様に。

ハードな着用にも耐える
タフな補強仕様

スナップボタンの開閉など負荷がかかりやすいポケット口裏側へ杉綾の当て布を縫込み、ハードな実用にも耐えうる強度を高めた仕様へとアップデート。

130年のこだわりの証、
限定のオリジナルタグ

130年の歴史と伝統から生まれた限定モデルを証明するオリジナルタグが付属。
「JELT DENIM」と「130周年」の両タグが所有欲も満たしてくれる一品だ。

Leeの魂を継承する
刻印入りボタン

初期に発売されたヴィンテージに使用されていたゴールドボタンを、ブランド刻印が入ったオリジナルのシルバーボタンにアップデート。よりスマートにコーディネイトに馴染む現代的な意匠が心憎い。

ワークウエアたる強度を支える
高強度トリプルステッチ

タフな生地を縫い合わせるステッチの下糸に使用しているのは「ボンド糸」と言われる高強度糸。さらに3本針の環縫いにすることで、ほつれや糸切れに強い縫製に仕上げた。

カーペンターパンツの所以、
スケールポケットを再現

ゆるめのシルエットに、武骨なワーカーエッセンスを香らせる右サイドのスケールポケットは、ディティールにこだわった3枚のパーツで構成。スケールやハサミなどの収納として実用可能な作りに。

サテン地のホワイトカラーがアイビーリーガーにも愛された1959年発売のWESTERNER。130thアニバーサリーモデルでは洗礼されたドレス仕様へアップデート。素材はムラ糸とシャトル織機によるヴィンテージサテンを使用。緯糸にポリエステル×コットンの混紡糸を入れることで、形態安定性を向上した。

首元に気品を漂わせる
テーラードカラーに注目

襟にラペルをつけることで、テーラードジャケット仕様に。シンプルかつ小ぶりな襟周りにすることでウエスタンテイストと絶妙なバランスに。当モデル限定の「WESTERNER」と「130周年」タグも付属。

カジュアルアップを加速する
フラットなセットインポケット

ポケットパーツをインサイドに配するセットイン方式により、フラップ以外のポケットラインを一掃。シンプルなディティールでカジュアルシーンに限らず着こなせる。

丁寧なパイピングワークが
見た目も強度も昇華

縫い代や縫い合わせ部分は、フォーマル仕様のパイピングワークでドレス感をアップ。ほつれや剥離を防止すると共に、ジャケット裏面のルックスも補完してくれる。

ステッチラインを排した
ミニマルなディティール

ポケットの強度を補完するバックポケットのステッチは、カウボーイが牛に押す刻印をモチーフとしたLeeオリジナルの「レイジーS」。そのデザイン性はそのままに、切り替えで表現することでミニマルな印象に。

穿き心地と強度の向上を
両立させる裏面処理

パンツのヒップ部分は、ロック割りとパイピング処理で生地の厚みを抑えて、穿き心地をアップ。また、ベルト裏に当たる部分にはマーベルと呼ばれるスレーキ生地を当てることで摩耗に対する強化も万全。

トラウザーを醸し出す
センタープレスとフック

フロントフックやセンタープレス等、トラウザー仕様のパンツが足元にも品を漂わせる。ホワイトカラーサテンに合わせてゴールドのジップを採用している所にも注目したい。

ブランドの原点を語る上で欠かせない、Leeのオーバーオール。その長い歴史の中で徐々に変遷していったディティールや素材等、細かい違いはあるものの、LeeのDNAを引き継ぎ、今も愛されるキーアイテムだ。そんなオーバーオールも130周年記念モデルとして復刻。LOCOシリーズ同様にJELT DENIMにナイロン糸を混紡した強度のある素材を使用している。

デニムファンの所有欲を
満たしてくれるダブルタグ

「JELT DENIM」と「130周年」のオリジナルタグが付属。限定品として当モデルのみに付属するオリジナルタグが、デニム好きの感性を刺激する。

ヴィンテージ特有の
ロングLボタンを継承

ヴィンテージ特有のディティールとして比較的ポピュラーなロングLをあしらったボタンを採用。130周年限定バージョンはシルバーボタンに刻印されており、ヴィンテージにも劣らないレアなディティールに仕上がっている。

ワークウェアとしての
実用性を兼ねた作りも健在

3枚生地によるスケールポケットや大ぶりのバックポケット等、ワーカーが愛した遺伝子を引き継ぐ、本格的な作りは健在。強度のある生地により、長く愛用できるデニム本来の魅力も併せ持つ。

1950年代当時にアドバタイジングの一環で配布されていたBook Markを、アパレルとともにリデザイン。着衣上必要なポケットやジッパー、ボタン等は確保しつつ、オリジナルまたは復刻モデルに見られる特徴的なディティールをペイントで表現。斬新さ漂うシリーズに仕上げた。

当時の空気感を彷彿とさせる
デニム型のしおりが登場

カウンターカルチャーが支持されつつあった1950年代、アドバタイジングの一環として配布された“しおり”をブランドの顔でもあるライダースデニムとオーバーオールで現代版にリデザイン。ステッチカラーのペイント風にあしらった。

しおりのデザインを
本物のペイントで大胆に表現

リデザインしたしおりを実際のウエアに落とし込むという遊び心溢れるペイントシリーズ。実用できるポケットに加え、ギミック的にペイントでもポケットなどのディティールを表現し、大胆ながら細部にまでこだわった作りに。