閉じる
核心と革新をまとった
現代のスタンダード
バラエティ豊かなコレクションのなかでも、Lee の根幹をなす〈アメリカンライダース〉シリーズ。
目まぐるしく移り行くトレンドに流されず、それでいて時代へのアジャストも忘れない。
本物を追い求め、進化を重ね、最新であり続ける、 現代のスタンダードデニムの姿がここにあります。
Buddy Lee
歴史に裏打ちされた Lee の象徴
そして時代の象徴であり続ける
1889年、アメリカ・カンザス州にて食品&生活雑貨の卸商として創業した Lee 。牧畜や農業が盛んな土地柄、既製の作業服も取り扱っていたものの、度重なる入荷遅れが問題でした。これを解決するため、オリジナルの製造に乗り出したことがワークウェアメーカーとしての出発点。1911年に自社工場での本格生産をスタートさせ、第一次大戦時には米軍にも納入。国を代表するワークウェアへと発展を遂げます。そして'24年、牧童をターゲットに “ カウボーイパンツ ” の名を冠した5ポケットジーンズを発売。やがて “ 101 ” のロットナンバーを与えられたこれこそが現在もラインナップする「101B」のルーツであり、'26年には世界初のジッパーフライである、その後の「101Z」が誕生しました。また'44年には都市部への市場拡大を狙い、シリーズ名を〈カウボーイ〉から、より幅広いイメージの〈ライダース〉へと改称し、他社に先駆けてカジュアルウェアへの転換を図ります。'50年代に入ると若者のファッションアイテムとなり、以降、時代とともに多彩なシルエットが登場。こうした長い歴史が育んだヘリテージに敬意を払い、本質を見つめ直し、現代の正当なデニムを定義すべくブラッシュアップを加えたのが、レギュラーコレクションの〈アメリカンライダース〉なのです。最新・最良なスタンダードであり続けるため、行く先も進化の歩みは止まりません。
  • SILHOUETTE 01101Z /101BREGULAR STRAIGHT
    100年近い歴史をもつ不朽の品番であり、現在も代表モデルに位置づけられる、太すぎず細すぎずのストレートタイプ。股上は深め。末尾「Z」はジッパーフライ、「B」はボタンフライとなる。
    101Z
    101B
    BUYBUY
  • SILHOUETTE 02203TAPERED
    レギュラーライズ&ややゆとりのある腰回り、そして太腿から膝、裾へと程良くシェイプを効かせたテーパードフィット。脚線を長く美しく見せ、足元がスッキリとしているためシューズも映える。BUY
  • SILHOUETTE 03205TIGHT STRAIGHT
    アメリカ東部の洗練されたファッション市場に向け、1970年代に誕生したタイトストレート。浅めの股上とコンパクトな腰回りに加え、レッグラインを撫でるようなシャープなシルエットを描く。BUY
  • SILHOUETTE 04102BOOT CUT
    1970年代にウエスタンブーツと合わせるジーンズとしてデビューし、当時の流行をリードしたブーツカット。適度な股上、腰&太腿にフィットし、膝から裾へと広がる流麗なフレアラインが特徴。BUY
COLOR VARIATION
各モデルにはトーンが異なる2種類のインディゴブルーと、
それぞれを穿き込んだイメージのユーズド加工を用意。
  • DARK BLUE INDIGO
    現代の主流となっている、より深みのあるインディゴブルーへと染め上げたワンウォッシュタイプ。
  • DARK BLUE INDIGO
    [USED WASH]
    「ダークブルー インディゴ」のユーズド加工タイプは、コントラストの効いた迫力ある色落ちが持ち味。
  • CLASSIC BLUE INDIGO
    1960年代に見られた、Lee 本来のクリアで鮮やかなインディゴブルーを再現したワンウォッシュタイプ。
  • CLASSIC BLUE INDIGO
    [USED WASH]
    「クラシックブルー インディゴ」のユーズド加工タイプ。爽やかでクリーンな色落ちの表情を楽しめる。
    • POINT01DENIM FABRIC
      デニム本来の魅力を味わえる
      特別なオリジナル生地
      オーガニックコットンを使い、紡績から染色、織布までオリジナルのレシピで仕上げた Lee 伝統のレフトハンド(左綾)デニムを採用。肉厚でガッシリとした14.4オンスの生地は、ジーンズ本来の質実剛健な表情とタフさを備える一方、穿き込むほどに馴染み、趣ある色落ちを味わえる。
    • POINT02SEWING & RIVET
      ハードに穿き込める
      頑強なステッチ&リベット
      細かな運針でガッチリと縫製した強度の高いステッチは、ワークウェアを出自とするブランドのこだわり。併せて、繊細な表情を生む一助にも。また金属リベットの突起がモノを傷つけたり、引っ掛からないよう、中心が沈んだクローズドバー リベットを使用しているのも Lee ならでは。
    • POINT03ZIPPER
      アイデンティティである
      実用的なジッパーフライ
      1926年、世界で初めて衣料品にファスナーを導入し、利便性の高いジップ式ジーンズを開発した Lee にとって、ジッパーフライはブランドのアイデンティティ。一般的なプルタブより大きめのため、暗い場所でも摘みやすく、スムーズに上げ下げできる。※「101B」のみボタンフライ。
    • POINT04BELT LOOP
      よりウエストにフィットする
      プラス2本のベルトループ
      5ポケットジーンズのベルトループは、前面に2本、左右に1本ずつ、背面中央に1本の計5本がポピュラー。これに対して〈アメリカンライダース〉シリーズでは、ウエスト30インチ以上にはバックに2本を追加した計7本に。よりしっかりと腰をホールドでき、良好な着用感をもたらす。
    • POINT05HIP POCKET
      バックスタイルの顔となる
      アイコニックなポケット
      逆つり鐘型のヒップポケットと、そこを飾る「レイジーSステッチ」は、レザーパッチと並ぶブランドのアイコン。加えて、ポケット口の両端に施されるX字の補強ステッチ「スレッドリベット」は、馬鞍やイスなどを傷つけないよう金属リベットに代わって考案された Lee 独自の仕様。
    • POINT06TRACEABILITY LABEL
      ハイクオリティを実現する
      メイド イン ジャパン
      生産はクオリティ重視のメイド イン ジャパン。フロントポケットの裏地には、使用するコットンの原産国のほか、紡績、染色、織布、縫製まで各工程の担当メーカーを明記したトレーサビリティラベルを配備。生産背景を開示することは安心を伝えると同時に、ブランドの自信の表れ。
  • PHOTOGRAPH : KENGO SHIMIZU
  • DESIGN & DEVELOPMENT : maam.inc
  • EDIT & TEXT : NAOYUKI IKURA